人生EXモード

思ったこと感じたことをだらだらと書いている雑記ブログです。

音楽への出会いと吹奏楽部時代の話

f:id:Motohide:20160830052452j:plain

実は昔、音楽で食っていこうと本気になった時期があるんです。

部屋にインテリアとなっているギターを見て、その頃のことを思い出しました。

昔、音楽の世界へ足を踏み入れたきっかけから、
今に至るまでをまったり書いていこうかなと思います。

とりあえずは音楽との出会いと吹奏楽部時代の話を少々。

あまり気持ちの良い話ではないのでご了承ください。

私が音楽を始めたきっかけですが、
高校入学後、がっつり自分を変えてやろうと始めたのが音楽でした。
高校デビューというやつです。

元々影響を受けやすい人だったので、
ニコニコ動画の演奏してみたが流行り出したのでその影響もあったと思います。
確か海賊王さんとかが覇権を握っていた時代です(個人の見解です。

あと勉強が嫌いで、
将来の就職の為に勉強するのは嫌だなぁと感じていたのが大きかったですね。

最初は軽音楽部に入りたいと思ったのですが、
なんと、無いじゃないですか!?
高校ならどこも軽音楽部はあると思っていた自分が馬鹿でした・・・。

仕方なくというわけでもないですが、音楽に触れられる、吹奏楽部へ入学。
吹奏楽って難しいイメージで、
しかも高校から始める人って少なそうで不安もいっぱいでしたが、
ここは行くしかない!とりあえずやってみよう!という気持ちで入部しました。

実際入部してみたら未経験者が自分含めて2人という案の定な結果に。

しかもクラス担任に、
「男子生徒もたくさんいるみたいよー」
と聞いていたのでわくわくして入部したら、
3年の男先輩二人しかいないっていう・・・。
適当なことを言っていた担任に騙されました。
この頃から既に担任が嫌いになりました←

ちなみに、私が選んだ楽器はトランペットでした。
何も分かるわけもないので、流れで選びました。
これが天性というか運命というやつですかね?割とセンスあったんですよ?←

そして人間関係ですが、
1年と3年の皆が冗談抜きで本当に良い人ばかりで、
こんな恵まれた環境ある!?とびっくりしたぐらいです。
しかも顧問の先生もめっちゃ良い人。

中学の頃は、テニス部だったんですが、
いじめなり仲悪かったりありましたからねー。。

そして2年の先輩。これがまぁ問題でして・・・。
確か4人しかいなかったのですが、
内1人のリーダー格がここまでかと言わんばかりの性格の悪い人でした。
しかも同じトランペットというパートに。

直接的ないじめは無かったのですが、
自分に対する当たりが異常なまで強かったですね。
未経験で入ってきたトランペットの後輩が男で気に入らなかったんでしょうね。
しかもイケメンでもないですし・・・( ;∀;)

それで、自分の立場が本当に弱くなってしまって、
怖くてその先輩に挨拶すらままならない状態になり、状況は悪化。

先輩は、自分が出来ることが出来ない人にイライラしちゃうタイプでした。
新人教育を何度もやってきた私から言わせると、
多分この人は新人教育が苦手なんだろうなぁと今になって思います。

あと、1年が今までにないぐらいに入部したらしく楽器を追加で新調し、
そこにトランペットも含まれました。
それを顧問の先生が錆び付いたトランペットを使って頑張ってる自分にと、
先輩ではなく私に渡したんですよね。
これもさらなる火種になってしまいましたね・・・。

少しミスるとめっちゃ睨んできて威圧してきます。
終わった後には舌打ちされました。
特にアドバイスなり教えてもらうこともありませんでした。

自分は残り練も進んで取り組みましたし、
毎日トランペットを持ち帰って練習してました。

それでも報われることはなく、
3年が卒業し、2年が覇権を握るようになり、その先輩が部長にまでなり、
状況は最悪なまでに悪化。

何か部活以外でも嫌なことがあるとそのイライラを持ち込んで部活に来る先輩で、
その先輩が来ると本当に居心地が悪かったです。
同期も嫌っていましたね。

結局心が折れちゃって、
明確な退部時期は覚えてないですが、入部して1年も満たずで退部してしまいました。
顧問の先生にも言えず、「勉強に専念したいので」と嘘ついて辞めました・・・。

同期がめっちゃ良い人揃いで、いなかったら完全にいじめに発展してたと思います。

今思い出してもあの先輩が憎いです。
そしてそんなことで折れた自分も憎いです。

トランペットは楽しくて、周りと音を合わせてる時も本当に楽しかった。
もうあの頃には戻ることも出来ないし、
やり直すことだって出来ないんだと思うと胸が痛いです。

 

ここが自分の人生のターニングポイントだったのかもしれないです。
心折れず、向かっていけば何かが良い方向に向かって変わったのかもしれないですね。

続きはいつ更新するかは未定ですが、自分がギターを始めた話になります。