読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生EXモード

思ったこと感じたことをだらだらと書いている雑記ブログです。

好きなYouTuberが増えました。

f:id:Motohide:20161014104546j:plain

ここ最近、暇な時間はYouTubeを見ることが増えました。

そのせいか、チャンネル登録数もドンドンと増えていっています。

もはや、YouTubeのTOPページ左の一覧から、
見たいチャンネルにパッと飛べなくなっている状態ですw

以前にも記事にしましたが、あれから2ヵ月程経ちましたので、
更新と言った意味も込めて、私がよく見るYouTubeのチャンネルをご紹介します。

と言ってもかなりの数になってしまうので、とりあえず5つをピックアップしました!

恭チャンネル

www.youtube.com

おデブ系YouTuber恭ちゃんとボケ&ツッコミ担当のれいかさん。

食レポなど、食品系の動画が多めです。

恭ちゃんだけでも十分面白いのですが、
ノリの良いボケもツッコミもこなせる彼女れいかさんとの
掛け合いも合わさることにより、さらに動画が面白くなっています。

唯一毎日安心して見れる動画を出しているYouTuberかなと感じています。
なんだろう、このチャンネルの動画には、癒しを感じる。
純粋にリラックスして、疲れずに見れる動画ばかりです。

実家のような安心感というべきでしょうか。

ラファエル Raphael

www.youtube.com

DQN系YouTuber。

実験系をメインに動画を上げています。
本人いわく海外のYouTuberのパクリらしい…w

中卒とは言え、
頭が良く動画も計算して作られているのかなという印象を受けます(良い意味で)。

ちょいちょい我に返って自らツッコミを入れるのが面白い。
あと、最初の挨拶は人気のようで、分かる例えがくると共感してクスッとします。

カブキンさんとのコラボも好きです。
最近はデカキンさんとも絡み始め、好きなYouTuber同士が絡むは非常に嬉しいものです。

恐らくこれからも凄いスピードで登録人数も増え、
あっという間に100万人を到達するでしょう。

はじめしゃちょー(hajime)

www.youtube.com

日本一のYouTuber。

気になったことに対して、どんな形であれ、全力で取り組む彼の姿は素直に尊敬します。

限界を知らない彼ゆえ、食事中に見たくないような動画もあるのが少し難点w

これ以上語ることがないぐらいに有名なYouTuberです。

デカキン Dekakin

www.youtube.com

怠慢系YouTuber(失礼←

最近は、太り過ぎて動けなくなってしまったらしい。
気付いたら寝てしまい、1日の大半を消化してしまうらしい…w

元芸人ということもあり、キレッキレのつっこみが面白い。
コラボ動画でその真価を発揮していますね。

更新頻度がまちまちなのが残念。
面白いからもっともっと動画上げて欲しいですね。

「イェイイェイイェイイェイパフパフパフパフイェイイェイイェイイェイ」
「パン!ポン!シュコーン!」
が地味にツボ。

もこうの実況

www.youtube.com

ニコ動のゲーム動画を嗜んでいた方々なら、ご存知の方も多いであろう。
そう、あのもこう氏がいつの間にか、YouTuberとしても活躍していたのである。

メイン動画はゲーム。

とにかく面白い。喋りがクセになる。

最近私もハマってプレイしているシャドウバース動画も絶賛配信中だ。
一番好きなゲーム動画なので、 シャドウバースは毎日でもアップしてほしい。
登録者数も10万人を超え、これから波に乗っていってほしい。

(⌒,_ゝ⌒)

まとめ

本日は5人のYouTuberをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。
他にも数多くのチャンネルをチェックしており、
もっともっとご紹介したいのですが、キリがないので本日はここまで。
そのうち、さらに見るチャンネルが増えてきたら、
ジャンル分けして、記事にしていきたいですね。

そして、
もはや高校生の話題の中でも度々上がるレベルにまで浸透してきたYouTuber達。
クラスでの話題はテレビの話よりもYouTubeらしいです。
時代は変わりましたね。
自分もまさにテレビよりYouTube派の人間です。
テレビと違って、録画しなくても見逃しはないし、電車の中も見れ、
しかも、何度も見直せるのがYouTubeなどの動画サイトの良いところ。

また、YouTuber達がテレビよりも早くトレンドな動画を上げたり、
むしろトレンドを生み出してしまうことも…?
最近では、PPAPが良い例ですね。
私も好きですよ。
個人的に、公式よりも、カブキンさんのデスメタルverのほうが頭から離れないですがw

完全に生活の一部となったYouTube
これからも数多くのYouTuberの動画を追っていきたいと思います。
私も動画編集とか身につけたいから動画とか上げていきたい。