読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生EXモード

オールジャンルに興味のあることを気の向くままに書いてます。毎日更新中!

私がカラオケを苦手になった理由

経験談

f:id:Motohide:20170305075603j:plain

私はカラオケが苦手です。

昨年も1度も行ってないですし、滅多なことが無い限り行くことはありません。

昔はカラオケに行ったりもしていました。
ではなぜそこまでカラオケが苦手になったのかをお話しします。

そんなつもりで書いているつもりはないのですが、
少々暗い話になるかもしれませんので苦手な方はバック推奨。

 

カラオケが苦手になるまでの経緯

冒頭でも書きましたが、生まれたその時からカラオケが苦手だったかというと、
そんなことはありません。

中・高校生の頃はそれなりにカラオケに行っていました。
もちろん嫌々ではなく誘われたら喜んで行くぐらいのレベルでした。

歌うことに抵抗を持ち始めたのは中学生の頃の合唱練習。
元々声が低く、周りより高い声を出すことが出来ませんでした。

そのせいで、合唱連中、クラス全員がいる中
「hide!声が低い!」と先生に言われ、恥をかいた苦い思い出があります。

当時はそこまで思いつめることは無かったのですが、
この出来事は鮮明に残っており、この後徐々に徐々に
『周りに歌声を聞かれるのは嫌だなぁ』と思うようになりました。

 

高校時代は超が付くぐらい良い仲間に恵まれ、
心を許していたのか、カラオケに行ったりもしていました。

若気の至りというか恥じらいがまだ少なかったというのもあるかもしれないですね。

それにしても今思うと、高校で合唱が無かったのは救いでしたw

 

それから私は専門学校に上がりました。
ここから苦手意識は急激に加速します。

私はこれでも一応音楽の専門学校に通っていました。

そして音楽の学校に通っていると、
自然と、自分の耳で音程をしっかり聞き取れるようになります。
音が合っているのか外れているのかが今まで以上に敏感になります。

さらに、良い音・悪い音という概念も身についてきます。
自分の演奏だけではなく、ボーカルの歌声もよく聞くようになり、
自然と良い歌声・悪い歌声の違いもどんどんと定着していきます。

その概念が出来てしまった今、自分の声を改めて聞くと、
悪い要素しか出てこなくなったんですね。

耳が肥えたというべきというかなんというか・・・。

 

歌以外でも何かと自分の声が録音される機会がありましたので、
客観的に聞く機会もありました。

当たり前ですが、自分が声を出している時に聞こえる声とはまるで違い、
録音された自分の声は何倍も嫌に感じてしまいます。

 

また、専門では、人前で何かをする機会もかなりあり、自分の出番以外の時、
周りの人がステージの人に対して評価を下しているのを知りました。

評価をされるのはごく当たり前のことではあるのですが、
実際に言われていないだけで、人にどう思われているのかが怖くなりました。

人前で失敗した時の恐怖と恥じらいを段々と深く考えてしまうようになり、
いつの間にか失敗は恥ずかしいものだと体に染みついてしまいました。

 

こうしてカラオケに行かなくなりました

そんなこんなでいつの間にか歌うことが嫌い?苦手?になりました。

自分の声が好きか嫌いかで言えば嫌いです。
気持ち悪いとさえ感じますw

声というものは生まれ持ってしまったものなので仕方ないことではあるんですけどね。

 

そして自然とカラオケに行かなくなりました。
誘われてもやんわりと断っています。

たまにこれでもかってぐらい強引に連れて行こうとする人がいますが、
割と無理ですごめんなさい。

人の歌を聴くことに関しては抵抗はありません。
かと言ってカラオケに聞き専で行くのもなんか違う気もするので...。

仲の良い友人たちは気を使ってくれているのか、
私がいる時にはカラオケに行こうとはしません。
いやなんかもう本当に申し訳ない。そしてその気遣いに感謝。

 

 

見て分かる通り、
特に何か心に深い傷を負ったエピソードがあるとかではなく、自然とこうなりました。

 

そして自信もなくなったのであった・・・

今思えば、カラオケ以外にもニコ生や動画投稿など、
人前で何かをやらなくなった理由にもつながってくる話でもありますね。

色んな人がいますし、マイナス評価を下されることも当たり前にあります。
それは理解しているのですが、抵抗があるんですよね。

いつの間にかブレーキがかかってしまっています。

結局のところ自分に自信がないことの表れでもあると思っています。

 

こうもカラオケ苦手意識以外にも作用してしまうとは思ってなかったですよ。
小さな積み重ねって良い意味でも悪い意味でも怖いですね。

 

カラオケでガンガン人前で歌えてる人は
自分に自信を持って生きている人なんだなぁと羨ましく思います。

イケボになりたい。

 

そんなこんなで、今は自分の自信になる何かを見つけようと必死こいて生きてます。

 

 

 

こういう記事を書いたのは、別に気分が落ちているとかそういうのじゃないです。

今週のお題記事が「カラオケの十八番」という
書けるわけもないお題だったので腹いせで書きました許してください←