読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生EXモード

オールジャンルに興味のあることを気の向くままに書いてます。毎日更新中!

「闇金ウシジマくん」を3期まで見ました

映画 感想・レビュー ドラマ

f:id:Motohide:20170107184326j:plain

以前からずっと気にはなっていた作品闇金ウシジマくん

実家帰省中の暇な時間に一気に見て、ドラマは3期、映画もPart2まで見ました。

個人的に面白く感じたので、観た感想でも。

※ネタバレを含む場合があります。苦手な方は即バック推奨。

あらすじ

丑嶋馨が経営する闇金融『カウカウファイナンス』は、
10日5割(トゴ)の超暴利。
物語は、そんな『カウカウファイナンス』に訪れる客と、
その関係者の様々な人間模様、そして社会の闇を描いたものである。

闇金ウシジマくん - Wikipedia

ウシジマくんのここが面白い(ドラマ、映画版)

●主人公最強系作品

f:id:Motohide:20170107175407j:plain

アニメで言う主人公最強系の作品ですねw

カウカウファイナンス丑嶋社長が色んな意味で凄すぎる。
頭はキレるわ、喧嘩強いわ、カッコイイわで
本当にこんな闇金いたら日本終わってしまうんじゃないかっていうレベル。

そもそも俳優の山田孝之さんがかっこよすぎて・・・。
男でも惚れてしまう羨ましいかっこよさ。

それにしてもまさかこの路線で最強系があるとは・・・w

闇金は違法です。

●強烈なキャラクターが多い

丑嶋社長以外にも、見ていて飽きない強烈なキャラクターが勢ぞろいです。

カウカウファイナンスのメンバーは
特にパンチが強くて面白いメンツが揃っていますね。

闇金闇金なりの仁義を貫く

違法だろって言われたらそれでおしまいなので、とりあえずそれは置いておいて。

丑嶋社長は丑嶋社長なりに見てるこっちも納得のいく仁義の通し方を魅せてくれます。
その道のプロフェッショナルであり、
丑嶋社長の考えるその道での生き方の熱さを感じます。

また、闇金を運営してる身でありながら他の悪い奴らを叩き潰す様も爽快です。

●落ちた人間を描くのが上手い

ここまで落ちぶれた人間を描けるのは
ウシジマくんという作品ならではでないでしょうか。

それでも彼らは彼らなりに生きていて、結果はどうであれ、
更生した姿や我に返った彼らは心温まるものがあります。

●人間の本質が垣間見えた気がした

あまり良い表現ではないですが、
世の中ここまで落ちてしまった人たちもいるんだなと少し安心すら感じます。
結局人はどこかで自分より下を見て安心しながら
生きているんだなぁというのを感じました。
ダメですね。けど人間ですから。

また、自分はこうならないように気を付けなければとも思いました。
まぁ普通に生活していればこんなことにはならないとは思いますが、
人生何があるか分からないですからね。

平穏な暮らしを送る為、お金は大切にしましょう。

ストーリーはかなりザックリ

●9話に収まるの!?

ドラマのほうは全期9話構成で、途中から
「え?これ間に合うの?」という焦りをなぜかこちらが感じながら観ていました。
特に3期。

案の定、最終話であっさり解決してしまったりとか・・・。
もうちょっとねちっこくやっても全然良かった気がする。

●千秋どこ行った!?

各ストーリーの繋がりもザックリしており、
1期に出てきた大久保千秋が姿を消しており、
「え?どっか見逃した?」と見返してしまいました。
あのキャラ結構良かったんですけどねー。

映画Part1でちょろっと出てきて、
どうやら別のお仕事に就いたらしいことを言っていました。
辞めるまでの経緯とかもやってほしかったですね。

てっきりウシジマくんという作品のキーキャラクターなのかと思っていましたよ。

●大原氏はどうなった!?

カウカウファイナンスにお金を貸している金主の大原 正一はあのあとどうなったの?
なんか車椅子になってこの先短しみたいな感じ出てたけどw

あれだけ意味深に絡んできてあれで出演終わりとはなんとも・・・。

 

原作は読んだことがないのでなんとも言えないですが、
もうちょっと繋がりを意識した構成にしてほしかったですね。

映画のほうはまだ良かったですけどね。

闇金はガチであるらしい

幽霊って本当にいるの?と動画を漁ったりサイト廻ったり
実際に心霊スポットに足を運ぶのと同じで、
闇金って本当に存在するの?』
という気持ちで検索していたら、すぐにこんな記事が見つかりました。

www.excite.co.jp

そう、ウシジマくんにはモデルがあり、
そのモデルは元高利貸しのトキタさんという方。

ウシジマくんの世界表現がどこまでが本当なのか考えるだけでゾッとしますねw

昨年に映画が2本公開されていたらしい

3期を見て、続きはないのかなと調べていたら、
どうやら昨年2016年にPart3the Finalが公開されていることが分かりました。

流石に気付くのが遅く、現段階で公開されているのは、山形・千葉・徳島の3県のみ。
千葉なら行けない距離でもないけど往復3時間以上は覚悟しなくてはいけません。。

逃してしまったのが非常に悔しい。
残念ですが、テレビ放映やレンタルされるのを待つしかないでしょう・・・。

と言っても最近は劇場公開からテレビやレンタルに流れるスパンが
かなり短くなってきているので、初夏頃には見れそうですね。

忘れそうなのでしっかりチェックしておかねば・・・。

色々細かいところが気になるので原作を読みたい

上でも書きましたが、所々気になる箇所があるので、
原作では書かれていることを信じて読んでみたくなりました。

そしてどうやら現在38巻まで出ており、完結していない模様。
私にとって10巻を超えたあたりから読むのが大変になってきますw

機会があれば読んでみたいですね。